ラカン精神科学研究所

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。その他ご相談もお受けします。 相談・治療内容は、登校拒否、引きこもり、ニート、非行、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、子育て、家族問題(親子関係・夫婦関係)などで、とにかく話を聴いて欲しいと言われる方もおられます。 また「子育て相談室」や「分析理論講座」、「インテグレーター養成講座」を開催しています

2016-03-09から1日間の記事一覧

分析家の独り言 737(うつ病:興味・喜びの喪失 No.1)

うつ病の診断基準の一つに「興味・喜びの喪失」があります。 『エス』は快と満足を求めて対象に向かうエネルギー。 『自我』はこのエスの要請に従って手先となり、現実に合わせて動きます。 自我はエスからエネルギーを供給されて、対象に向かい、 その対象…