ラカン精神科学研究所

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。その他ご相談もお受けします。 相談・治療内容は、登校拒否、引きこもり、ニート、非行、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、子育て、家族問題(親子関係・夫婦関係)などで、とにかく話を聴いて欲しいと言われる方もおられます。 また「子育て相談室」や「分析理論講座」、「インテグレーター養成講座」を開催しています

分析家の独り言 688(精神分析理論と個人分析による気付き)

 

      ‐ 精神分析理論『インテグレーター養成講座』 ‐  に寄せて

 

 

5月から始まった、スカイプによる個人の『インテグレーター養成講座』も

 

順調に毎週1回のペースで進んでいます。

 

顔を見ながら理論を解説し、ホワイトボードに図を書いてカメラで映し、

 

直接会っての講座とほぼ変りません。

 

こうして日本全国、いえ海外でも日本語を理解できる人となら

 

スカイプを使えば充分講座ができます。

 

 

現在、他にも4~5の『インテグレーター養成講座』をしています。

 

『インテグレーター養成講座』は、3部に分かれていて、受講生の進み方によって、

 

ひと月の中で1部,2部,3部それぞれ解説しています。

 

 

講座の前には、テキストや自分のノート、参考文献を読み直すのですが、

 

不思議なことに、今私に必要な言語、フレーズ、理論に出合います。

 

前に読んだ時には、目に留まらなかったものが新たに読み直すと、

 

「そうか」、「これか」と思う事が度々あります。

 

 

また、3部ある理論をそれぞれの講座によって話すので、カテゴリー違う理論が

 

私の中で繋がってきます。

 

知らず知らずネットワークされていくことになります。

 

これはとてもありがたいことで、クライアントのお蔭です。

 

 

クライアントも同じように、クライアントの個人の分析内容、今の課題、コンプレックスと

 

講座での理論がリンクして、より自分を見つめ知ることになります。

 

そのために個人分析と同じくらい講座はそのクライアントの無意識を刺激し

 

気付きをもたらします。

 

これは精神分析という大きな輪の中に入っている証拠です。

 

 

多くのクライアントは自分や子どもの悩みから個人の精神分析を受けます。

 

その中で、精神分析の理論に興味を持ったクライアントは理論を学んでいきます。

 

当然、個人の分析と精神分析理論の両方があれば、理解は進みより効果的です。

 

個人の分析は受けないが、理論だけを知りたいという方もおられます。

 

 

いろんなケースがあって、その人その人のペースに合わせています。

 

 

個人でも、複数人でもいつからでも講座を始められます。

 

唐崎(大津市)へ来られる方だけでなく、

 

遠方の方もスカイプを使える方なら精神分析の理論を学べます。

 

また、試しにまず一度、精神分析理論を聴いてみたいという方もOKです。

 

 

興味・関心のある方、受講希望の方、下記へ連絡ください。

 

077-558-8766(電話) 

 

090-7357-4540(携帯電話)

 

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

 

 

 

           インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

 

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

 

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

 

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー