読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。その他ご相談もお受けします。 相談・治療内容は、登校拒否、引きこもり、ニート、非行、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、子育て、家族問題(親子関係・夫婦関係)などで、とにかく話を聴いて欲しいと言われる方もおられます。 また「子育て相談室」や「分析理論講座」、「インテグレーター養成講座」を開催しています

分析家の独り言 690(投影5:嫌な自分を受け入れる勇気)

 

無意識にあった不真面目な自分に気付いても、それを受け入れることは簡単ではありません。

 

分析家の独り言 689(投影4:気付くと受け入れる=同一化の違い)http://lacan-msl.com/diary3/2015/08/-6894.html

 

 

不真面目な自分に気付いて、

 

真面目だけではなく「不真面目な自分もOK、いいじゃないないか」と、

 

新しい自分に組み込み書き換えていきます。

 

 

初めのうちは、「不真面目な自分もOK」と書き換えたのですが、

 

ダメな自分になったような気がして、とても不快に感じます。

 

不快感に耐える力が必要です。

 

この不快感を感じつつそのままにしていると、不快感が消えていきます。

 

この間、わずかな時間なのに長く感じますが、耐えているとフッと楽になります。

 

そうするともう不真面目な自分をみても不快を感じなくなります。

 

 

不真面目な自分を受け入れたとき、真面目な自分が壊れます。

 

真面目な自分が壊れることと、不快を感じることが嫌だったために、

 

不真面目な自分を見ない、受け入れないという防衛をしていました。

 

受け入れる瞬間に耐えるとは、波に逆らわないで波の動きに身を任せるように、

 

その感情に身を任せるようなイメージです。

 

 

この任せる、委ねるには信頼ということが必要です。

 

不真面目な自分もOKとして、その自分になりきる、

 

これが受容したということであり、それには信頼がなければできないことです。

 

つまり、自分を否定し、自分に不信を抱いていたら、

 

自分が自分に身を任せることも、委ねることもできません。

 

ここにも0~1.5歳に母との間で学ぶべき課題だった

 

“ 基本的信頼 ”ということが関わってきます。

 

 

最初の一回、受容するこの一歩を踏み出すことがなかなかできません。

 

人は未だ体験したことのない、

 

予測不能な未知の領域に足を踏み入れることを恐れます。

 

勇気を持って一歩を踏み出せば、そこに見えなかった道が見えます。

 

 

    - インテグレーター養成講座1 自己防衛5《防衛行動》 より

 

 

            インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

 

 

 

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

 

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー