読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。その他ご相談もお受けします。 相談・治療内容は、登校拒否、引きこもり、ニート、非行、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、子育て、家族問題(親子関係・夫婦関係)などで、とにかく話を聴いて欲しいと言われる方もおられます。 また「子育て相談室」や「分析理論講座」、「インテグレーター養成講座」を開催しています

分析家の独り言 716(環境が人を育てる2:好きな事を見つける)

 

好きな事を見つけるには、自分がしたいと思える事を

 

とにかく手あたり次第やってみる事です。

 

人から「何をやっても続かないね」、「あなたは飽きっぽい」と言われても、

 

気にする事はありません。

 

何度でもトライして、試行錯誤します。

 

やってみて違う、無理だと思ったらすぐ辞めます。

 

また次に気になるもの、やってみたい事を探します。

 

なんか違う、しっくりこない、好きと言い切れないと思ったら無理をしない事。

 

好きと思えない事、無理する事はやっても楽しくありません。

 

好きな事をしていると楽しくて、もっとやりたいと思います。

 

この「もっと、もっと」が大切です。

 

人は好きな事、楽しいことをするために時間を作ろうとします。

 

 

例えば自分がしたい、好きなアルバイトであれば、「明日も行きたい」、「楽しみだ」

 

となります。

 

 

そして関心のある事、好きな事についてはもっと知りたい、学びたい、

 

上達したいと思います。

 

好きな事でなければ続きません。

 

好きな事は苦になりません。

 

その結果、その道のスペシャリストになるかも知れません。

 

そうなる事を考えただけでもワクワクします。

 

そうなるくらい好きな事・物を見つけたいものです。

 

 

そのためには、やってみて消去法で、

 

自分が本当にそれを好きかどうか見極めます。

 

 

ここでまた大事なのは、

 

この挑戦・試行錯誤をやらせてもらえる環境があるかどうかです。

 

子どもの頃からこれを親が容認してくれれば、自由にやりたいことが出来ます。

 

『オールOK』は子どもの好奇心を育てる、とはこのためです。

 

 

大人であっても、これができる環境があれば、遅ればせながら自分を育てられます。

 

自分を活かして、活き活きと生きられます。

 

 

       - インテグレーター養成講座Ⅲ スーパーヴィジョン2 より

 

 

            インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

 

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所ホームページ

 

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー