ラカン精神科学研究所

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。その他ご相談もお受けします。 相談・治療内容は、登校拒否、引きこもり、ニート、非行、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、子育て、家族問題(親子関係・夫婦関係)などで、とにかく話を聴いて欲しいと言われる方もおられます。 また「子育て相談室」や「分析理論講座」、「インテグレーター養成講座」を開催しています

分析家の独り言 746(承認と賞賛:対人恐怖症にならないために)

 

対人恐怖の根本にあるのは、見られているという受身性です。

 

自分には、対象や他者を積極的に見る自分と、

 

対象や他者から見られる受身的自分がいます。

 

 

まず自分が相手を見るという視点があって、

 

次に自分が見た反応として、他者も自分を見る、

 

この順序であれば対人恐怖症ではありません。

 

 

ところが対人恐怖症の人は、他者に見られる視点しかなく、

 

ただ一方的に見られている、他者の目前にさらされていると感じます。

 

自分がさらし者にされているというイメージが恥ずかしさになり、

 

一方的に自分は見られていて、どうにも成すすべがないと思います。

 

自分の嫌なところ醜いところ、見て欲しくないところを

 

全部発見されてしまうのではないかと恐れます。

 

 

そんな自分を隠したいとなって、サングラスをかける人もいます。

 

「目は心の鏡」:目はその人の心を映し出す鏡のようなものだから、

 

目を見ればその人の心のあり様が読み取れるものである、というように

 

目を隠せば心を読み取れる事は無いと考えるためです。

 

 

他者の目前にさらされたとしても、自我がしっかりしていれば

 

「私は私」という自己意識があります。

 

すると、他者の視線は自我境界で食い止める、または撥ね返す事が出来

 

言い返す事も出来ます。

 

自我が未成熟であると気弱になり、他者に強く言われると言い返せません。

 

自分に主体性がなく自己主張出来ないで他者に合わせて、

 

言われるままに行動し、結果振り回されます。

 

 

自我境界がしっかりしていないので、簡単に他者に侵入されて

 

自分の考え行動までも、乗っ取られてしまいます。

 

例えば親が子どもに「もう勝手にしなさい」と言えば、

 

子どもは見捨てられる恐さを感じて、親の言う事をききます。

 

こうして親は子どもを簡単に自由に操れます。

 

日常的によく使われるセリフだと思います。

 

 

本当は他者の言う通りにはしたくない、でもそうしなくてはならない、

 

この二つの自分が葛藤し、心的エネルギーは浪費されます。

 

 

人と関わる事で疲れると、対人関係からも退却する事になります。

 

 

私は子どもの頃から対人恐怖症で、理論通り自我脆弱で自我境界がなく、

 

簡単に他者に侵入され、操られ、言いたい事も言えずにいた。

 

だから一人が楽だと思っていたんだと、講座で学び納得しました。

 

 

子どもの自我、自信、肯定感をつくるのが親の承認と賞賛です。

 

これらがあれば対人恐怖症になりません。

 

否定せず「そうだね」と子どもの言う事、する事を認め、

 

子どもを普段からよく見て、出来た事・努力した事を褒めてあげてください。

 

 

          - インテグレーター養成講座Ⅱ 病理 恐怖症 -

                    2016.4.14講座内容より

 

 

ラカン精神科学研究所メールマガジンも参照ください。

 

http://archives.mag2.com/0001106260/20150701100000003.html ラカン精神科学研究所メールマガジン テーマ:「対人恐怖」

 

http://archives.mag2.com/0001106260/20150801100000003.html ラカン精神科学研究所メールマガジン テーマ:「対人恐怖の治療」

 

 

          インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

 

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

 

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.htm ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー