読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。その他ご相談もお受けします。 相談・治療内容は、登校拒否、引きこもり、ニート、非行、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、子育て、家族問題(親子関係・夫婦関係)などで、とにかく話を聴いて欲しいと言われる方もおられます。 また「子育て相談室」や「分析理論講座」、「インテグレーター養成講座」を開催しています

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第86号(2017年5月1日)発行のお知らせ

 

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2017年5月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン86号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

 

No,86今月のメルマガのテーマは「面倒臭いと心配性」です。    多くの人が「面倒臭い」と言います。 主体的に自分がしたいと思ってしているのではない事は

面倒臭いと感じます。

…「面倒臭い」のは、そこに「惜しむ」という気持ちがあるためです。
労力を惜しむ気持ちがあると、その行動は面倒臭くなります。
…ケチな心が面倒臭いになります。

精神分析は「今、ここに」生きることを大切にします。

何か行動すると疲れるからやりたくないという人がいます。

疲れるのが嫌だから、身体を動かすのが面倒臭いとは、

身体を動かすことを惜しんでいるということです。

こういう人はそもそも生きていることが面倒臭い。

それは自己肯定されたことが無く、自己愛も無いためです。 心配ばかりしている人がいます。

空っぽな心を埋めてくれるのが、不安と心配です。 …心配は探せばいくらでもあるため、何も無い心を埋めるには格好の材料です。
…人間の認知の仕方、受け取り方、意味の付け方は、

プラスの意味を付けて受け取るか、

マイナスの意味を付けて受け取るかのどちらかです。 …欲望をもって、享楽のうちに生きていく事を目指すのが精神分析です。 

                             (メルマガより一部抜粋)

興味ある方はお読みください。

 

 

http://archives.mag2.com/0001106260/20170501100000000.html第86号 ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

                      ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。