読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。その他ご相談もお受けします。 相談・治療内容は、登校拒否、引きこもり、ニート、非行、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、子育て、家族問題(親子関係・夫婦関係)などで、とにかく話を聴いて欲しいと言われる方もおられます。 また「子育て相談室」や「分析理論講座」、「インテグレーター養成講座」を開催しています

分析家の独り言 775(Skype精神分析理論講座修了に寄せて)

 

毎週日曜日の夜Skypeで『精神分析理論講座』をしていましたが、

 

先月(2017年4月)全過程を修了され、修了証書を送りました。

 

スカイプでの個人の受講で、

 

このクライアントは実際にカウンセラーとして仕事をされていました。

 

カウンセラーとして仕事をする上で、もっと勉強をしたいという事で

 

遠方から依頼を受け、Skypeでの講座を実施しました。

 

熱心に学んでいただきました。

 

精神分析の理論を学ぶ事で、クライアントが変わってきた」という嬉しい報告や、

 

カウンセラーとして仕事をする中でも、自分自身が楽になったと言われました。

 

 

治療者自身にもコンプレックスは当然あり、

 

それを治療場面でどのようにコントロールし無意識を動かさず、

 

クライアントの語りを、理論を通して聴けるかが大事なことです。

 

そうしなければ、治療者の無意識が動き出していまい、

 

クライアントの治療どころではなくなります。

 

そういった治療者としての心得や転移・逆転移、心の構造などは、

 

精神分析理論講座Ⅲ』のマスターコースでお話しています。

 

 

治療者を目指すのではないけれど、精神分析の理論を学びたいという方もいます。

 

また、ご夫婦で理論を学ぶ方もいます。

 

 

精神分析の理論を聴くと、自分の育った環境やこれまで当然と思っていた事とは

 

随分違う事に気付きます。

 

そのため、個人の精神分析と同じくらい、またはそれ以上にこたえる事があります。

 

それでも学んでいくと、良い方向に変わっていかれます。

 

 

精神分析理論講座Ⅰ,Ⅱの項目中で、聴きたい項目をセレクトして学べる講座をします。

 

詳細については、また改めてここブログで紹介する予定です。

 

 

精神分析理論』が普通に当たり前に、誰もが学び知識として知って

 

活用してもらえたら、私としては大変嬉しく思います。

 

 

子育てをするお母さんや、家庭の中の軸となってもらうべきお父さん達や、

 

これから親になる人達にも是非学んでいただけたら、と願います。

 

 

            ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

090-7357-4540(携帯電話)


077-558-8766(電話)


050-1504-3098(Soft bank BBフォン

 

lacan_msl☆yahoo.co.jp  ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

 

 

精神分析についての詳しい内容や、出張、講座、教室等の予定は下記ラカン精神科学研究所のホームページ並びに、2.スケジュール(googleカレンダー)をご覧ください。

                      ↓

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

 

 

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り