ラカン精神科学研究所

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。その他ご相談もお受けします。 相談・治療内容は、登校拒否、引きこもり、ニート、非行、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、子育て、家族問題(親子関係・夫婦関係)などで、とにかく話を聴いて欲しいと言われる方もおられます。 また「子育て相談室」や「分析理論講座」、「インテグレーター養成講座」を開催しています

『 男の講座 』

 

仙台、東京などでも開いている 『 男の講座 』 を滋賀県唐崎セラピールームで開きます。

 

講師は私のスーパーバイザーであり精神分析家の師成正教氏。

 

精神分析理論と多彩で豊富な臨床経験から、

 

「男とは」、「男らしさとは何か」、男性のための男を学ぶ講座です。 

 

生物学的男性である事と、ジェンダ―・らしさとしての男性とは違います。

 

そのわかりやすい例は、いわゆるオカマ、ニューハーフ、おねぇ等といわれる人達です。

 

これは性倒錯の範疇に入ります。

 

しかし、一般に男性と言われたり、その人自身が自分を男性と思っていても

 

厳密にいえば、生物学的男性である事と、男性らしい男性であることが、

 

必ずしも一致していないと考えます。

 

更に家庭をつくり、子どもを持ったから父であるとはいえません。

 

父とは何かを知って、その覚悟のもとに父親になった人もまず居ません。

 

これまでは、特に子どもの何らかの問題で分析に来られる女性たちに、

 

個人分析や精神分析理論講座などを通して、

 

母親の役割、母とは、母性について話してきましたが、

 

男性に向けて真に男とは何かという話は、女性たちに比べてあまりありませんでした。

 

『 男の講座 』 は男性が自分の性である男について学ぶ講座です。

 

 

男性が男らしければ、当然女性にモテます。

 

独身の男性にも是非聴いて学んでいただきたいです。

 

知性、理性、論理性、言語力を持って、女性をリードし、

 

頼れる男になるためにはどうしたらいいか、何が必要かわかります。

 

仕事の上でも役立ちます。

 

 

言語を待たずしゃべらない、会話にならない男性・夫への

 

女性たちからの嘆きをよく聞きます。

 

 

人と人が理解し合い、愛着や親密さなどを形成していくのに必要なものは

 

言葉と会話です。

 

男性と女性は地球人と宇宙人くらい違います。

 

異星人である男女が会話し関係をつくっていくことは至難の業です。

 

まずは、互いの違いについて理解する事です。

 

家庭円満のキーパーソンとなり、家族をまとめるのは男性である夫・父です。

 

 

『 男の講座 』 の参加者を募集します。

 

日 時 : 5名以上集まった時点で講座を行います。

       11時~18時(お昼休み1時間)

 

場 所 : ラカン精神科学研究所 唐崎セラピールーム

       (JR湖西線「唐崎駅」より徒歩7分 駐車場有)

 

講 師 : 師成 正教(精神分析家)

 

費 用 : 8万円

 

 

問い合わせ、参加予約等はラカン精神科学研究所・登張へ連絡ください。

 

090-7357-4540(携帯電話)

 

077-558-8766(電話)

 

050-1504-3098(Soft bank BBフォン

 

lacan_msl☆yahoo.co.jp  ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

 

 

           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

http://lacan-msl.com/ラカン 精神科学研究所のホームページ

 

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.htm ラカン精神科学研究所メールマガジン