ラカン精神科学研究所(埼玉県鴻巣市)

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法です。その他ご相談もお受けします。 埼玉県鴻巣市にセラピールームがあります。 遠方の方には出張セラピー、スカイプ・電話によるセラピーも行っています。 詳しくは下記ホームページを参照し、お問い合わせください。 ラカン精神科学研究所ホームページ http://lacan-msl.com/  

分析家の独り言 792(抱っこ・密着が安心と安全感になる)

他者への関心が無ければ、そこに関係は結ばれません。

 

人と人の間の空間をうめるものは関心です。

 

ですから、お母さんが赤ちゃんに関心を持って、

 

赤ちゃんから発せられるサインをしっかりキャッチする事でした。

 

http://lacan-msl.com/diary3/2017/09/-791.html分析家の独り言791お母さんから赤ちゃんへの関心が母子関係の基礎をつくる 参照)

 

皮膚感覚において、お母さんが赤ちゃんとの空間を埋めて

 

“快”を感じさせるためには、抱っこなどによる密着です。

 

お母さんと赤ちゃんの間の空間距離を縮めて最小にします。

 

この空間を縮め密着する事が、危険から守られ保護されているという

 

安心と安全感になります。

 

お母さんが赤ちゃんに関心を持って適確に世話をしなければ、

 

母子間には無限の空間が広がり、いつも不安を感じます。

 

無関心、無気力、無能感、無意味などは、精神の病理に繋がる危険な言葉です。

 

 

ですから、言葉の無い赤ちゃん時代に、

 

抱っこなど赤ちゃんに触れることで密着しマーキングしておきます。

 

そうすると、いつも安心と安全がイメージされ、心があたたかく豊かになります。

 

赤ちゃんは“快”を感じると、身体が緩みます。

 

顔の筋肉も緩み笑顔が増えます。

 

赤ちゃんの笑顔がお母さんの育児に対する報酬です。

 

 

お母さんが赤ちゃんを抱っこする事は、母子関係を築き、

 

赤ちゃんの精神の発達と安定にとても大切な事でした。

 

 

 

買い物に出かけた先で、子どもがお母さんに

 

「抱っこして」と言ったり、泣いたりして訴えている光景を見る事があります。

 

「はいはい」と言って抱っこするお母さんもいますが、

 

「自分で歩きなさい」と怒っているお母さんもいます。

 

お母さんは重かったり、疲れていたりするでしょうが、

 

どうかお母さん、子どもさんを抱っこしてあげてくださいと心の中で言います。

 

その事が子どもにとって、また母と子の関係にどれだけプラスになる事かと。

 

 

           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

 

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー