ラカン精神科学研究所

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。その他ご相談もお受けします。 相談・治療内容は、登校拒否、引きこもり、ニート、非行、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、子育て、家族問題(親子関係・夫婦関係)などで、とにかく話を聴いて欲しいと言われる方もおられます。 また「子育て相談室」や「分析理論講座」、「インテグレーター養成講座」を開催しています

分析家の独り言 796(インド映画『きっと、うまくいく』を観て)

 

クライアントに勧められて、『きっと、うまくい』(インド映画)を観ました。

 

3時間近くある作品ですが、いろいろなエピソードが織り込まれ楽しめました。

 

 

自分らしく生きるとは、

 

自分のやりたい事、好きな事を見つけて生きる事だと教えてくれます。

 

 

生まれた時から、もしくは生まれる前から親は子どもに親の欲望を押し付けます。

 

映画の中で、超難関ICE工大の学長は、自分の子どもにも

 

男ならエンジニアに、女の子なら医者になる事を決めて強います。

 

そのために、長男はICE大学を受験したが3度とも不合格で、

 

亡くなったという設定。

 

主人公ランチョーの親友ファルハンは、

 

写真家になりたいが父親が恐くて言えないで、

 

父の言う通りエンジニアを目指して大学に通っている。

 

ランチョーに背中を押されて、父にエンジニアではなく、

 

写真家になりたいと言います。

 

日本でもインドでも同じような事があるのだなと思いました。

 

 

自分の職業、なりたいもの、進む道を決めるのは自分。

 

そんな当たり前の事が他者(親)によって操作され、

 

決められる子どもの苦悩・葛藤が描かれ、

 

それがおかしい事だと改めて教えられます。

 

 

だから赤ちゃんの時から『オールOK』をして、子どもが自分で感じ、

 

子どもが考えたものを「OKです」と親は言う事。

 

親の価値観や考え、希望・欲望を子どもに押し付けない事。

 

そうして育てれば、子どもは自分のしたい事がわかります。

 

大人になって、「自分の好きな事がわからない」、「やりたい事が無い」

 

などという事にはなりません。

 

 

映画の題名である『きっと、うまくいく』は主人公ランチョーが

 

困難に直面した時に自分自身に言う言葉です。

 

「自分がなりたいものは心が教えてくれる。臆病になった時は胸に手をかざしてこの言葉を言うんだ。“"AAL IZZ WELL”(きっとうまくいく!)」

 

 

前向きな言葉で自分を励まし、プラスの方向に引っ張っていくのも大事です。

 

希望・夢が私達を明るい未来に導いてくれます。

 

そんなことを感じさせてくれる映画でした。

 

良ければ観てください。

 

 

           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

10月6,13,19,25日、無料談話室を開きます。

10月6日は『子育ての悩み』についてです。

http://lacan-msl.com/diary3/2017/09/post-29.html 無料談話室開催のご案内‐子育ての悩み‐ をご覧ください。

10月13日は『夫婦の悩み』についてです。

http://lacan-msl.com/diary3/2017/09/post-30.html 無料談話室開催のご案内‐夫婦の悩み‐ をご覧ください。

 

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

 

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー