ラカン精神科学研究所

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法で治療します。その他ご相談もお受けします。 相談・治療内容は、登校拒否、引きこもり、ニート、非行、神経症(強迫神経症・不安神経症など)、恐怖症(対人恐怖症・広場恐怖症など)、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、子育て、家族問題(親子関係・夫婦関係)などで、とにかく話を聴いて欲しいと言われる方もおられます。 また「子育て相談室」や「分析理論講座」、「インテグレーター養成講座」を開催しています

分析家の語らい 34(ドラマ『チアダン』より:自分に必要な言葉)

 

7月から始まったTBSのドラマ『チアダン』を観ました。

 

このドラマの中で、

 

「(それが)出来るかどうかより、したいかどうかだ」というセリフがありました。

 

ハッと気付かされます。

 

今の私に言われているようです。

 

出来るか出来ないか、結果を自分で決めて思い悩むのではなく、

 

それがやりたいのなら、そういう自分になりたいのなら、

 

そこに向かって行くしかない。

 

自分の脳が限界決めてしまったのでは、出来るものも出来なくなる。

 

そうだよねと、一人気づき、反省しました。

 

 

ラカンのいう象徴界から、自分に必要な言葉が降り注いているといいます。

 

それを宗教的にいうなら、神の言葉です。

 

誰の上にも必要な言葉が降り注いでいますが、

 

それを受け取り聴き取るセンサーや能力がないと聞き流され、心に留まりません。

 

ラカンフロイト、神がいつも側にいて観ていてくれる。

 

そして必要なときに、必要な言葉を、人を通して語りかけてくれる。

 

そう感じられることが、鴻巣に引っ越して増えました。

 

 

    ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

埼玉県鴻巣市富士見町7-10   ℡090-7357-4540

 

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

 

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

 

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー