ラカン精神科学研究所(埼玉県鴻巣市)

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法です。その他ご相談もお受けします。 埼玉県鴻巣市にセラピールームがあります。 遠方の方には出張セラピー、スカイプ・電話によるセラピーも行っています。 詳しくは下記ホームページを参照し、お問い合わせください。 ラカン精神科学研究所ホームページ http://lacan-msl.com/  

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第111号(2019年6月1日)発行のお知らせ

 

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2019年6月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン111号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

 

No,111今月のメルマガのテーマは、「対人関係に悩む方々へ」です。  

…対人関係はほぼ親子関係の再現になります。

 

つまり、親との関係が良好であれば、

 

対人関係も良好で悩むことはあまりないでしょう。

 

…思春期は、子どもの世界から大人の世界へシフトする時期です。

 

それまでは愛着や関心の対象は親が一番でしたが、

 

親よりも友人にその対象を移行していきます。

 

“親友”ができるということは

 

親よりも友人に移行することができたということです。

 

…欲しかったもの(親との良好な関係など)が得られなかった不満は

 

憎しみ・恨みとなり、親に釘付けになり、一歩も動けなくなる。

 

…安心と安全、受容性を持った親という最初の対象(他者)がいたなら、

 

その後の対人関係においても、他者に近づこうとします。

 

安心・安全とは、その対象が絶対に攻撃しないこと。

 

受容性とは何でも受け入れオールOKし、否定しないこと。

 

…安心、安全、受容性は、その対象に向かっていきたいという欲動をつくります。

 

それは何もなく、動かなかった人に、

 

他者(対象)に向かうエネルギーをつくりだします。

 

この対象の牽引力を“愛着”といいます。

 

…この母との関係で学んだ“愛着”が

 

後に友達や異性にシフトしていくことになります。

 

すなわち、子どもの対人関係や人生を楽しむ基礎は

 

母が握っているということです。

 

現実には安心、安全、受容性を持った母がまずいないので、

 

人は悩み、病んでいきますが、

 

そこで要請されるのが精神分析であると考えます。

 

安心、安全、受容性を兼ね備えた分析場面で、

 

心を開いて何でも話せることから始まります。

 

(メルマガより一部抜粋)

 

 

 

興味ある方は下記URLよりメルマガ登録して、お読みください。

 

https://www.mag2.com/m/0001106260.html#detailboxラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

              ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

 

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー

 

 

ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   

連絡先  ℡090-7357-4540