ラカン精神科学研究所(埼玉県鴻巣市)

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法です。その他ご相談もお受けします。 埼玉県鴻巣市にセラピールームがあります。 遠方の方には出張セラピー、スカイプ・電話によるセラピーも行っています。 詳しくは下記ホームページを参照し、お問い合わせください。 ラカン精神科学研究所ホームページ http://lacan-msl.com/  

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第120号(2020年3月1日)発行のお知らせ

 

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2020年3月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン120号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

 

No,120今月のメルマガのテーマは、「女性になる:欠如の否認の解除」です。  

ラカンがいう、女性における想像的ファルスの欠如(モワンプチフィー)

 

生物学的に女性には、男性にあるそれが無い。

 

しかし女性にとって無いということは認め難いことといわれます。

 

無意識では想像的ファルスの欠如を否認していると。

 

…成人女性たちも、想像的ファルスの欠如の否認をし、

 

そのために次の3つで防衛をしているといいます。

 

1つは、いつか生えてくる。

 

2つは、隠れている。

 

3つは、自分のそこは去勢の跡である。

 

…例えば、いつか生えてくることを支えとして生きて来たのに、

 

生えてこないことを知ったとき、力が抜けて無気力になり気が抜けてしまう。

 

全ての機能が低下し、動けなくなり、寝込んでしまう。

 

この無意識に自分では気づきようがなく、なぜ動けなくなったのかわからず、

 

一般的な身体の症状(病気)としかとらえられません。

 

…それなりの病名が付けられ、一応治るもののまた繰り返すことになります。

 

そうして重症化していくことになることも多い。

 

…想像的ファルスの欠如の否認の解除をしたところから、

 

女性への道が始まる。

 

…夫に男性性がないと、妻が夫の代わりに

 

男性性を発揮しなければならないと思います。

 

母は夫(子どもの父親)が頼りなく当てにならないと、

 

子どもを自分のファルスにしてしまう。

 

子どももまた、母のファルスになろうとします。

 

それは母のお気に入りの子どもになることです。

 

…人が人間になり、その性を生物学的性と一致させるのは

 

とても難しい時代です。

 

そこにフロイトラカンがその理論を救いの道として残してくれました。

 

(メルマガより一部抜粋)

 

 

興味ある方は下記URLよりメルマガ登録して、お読みください。

 

https://www.mag2.com/m/0001106260.html#detailboxラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

            ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

 

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー

 

 

ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   

           連絡先  ℡090-7357-4540