ラカン精神科学研究所(埼玉県鴻巣市)

ラカン精神科学研究所では、心の病、悩み相談・治療をしています。薬物や催眠・暗示を使わず主に精神分析という対話療法です。その他ご相談もお受けします。 埼玉県鴻巣市にセラピールームがあります。 遠方の方には出張セラピー、スカイプ・電話によるセラピーも行っています。 詳しくは下記ホームページを参照し、お問い合わせください。 ラカン精神科学研究所ホームページ http://lacan-msl.com/  

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第122号(2020年5月1日)発行のお知らせ

 

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2020年5月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン122号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

 

No,122今月のメルマガのテーマは、「安心と安全の心を作る母の養育」です。  

人はあまりにも無力で、養育者(母)の世話を受けなければ

 

生きていけない存在として、この世に生を受けます。

 

…0~1.5歳、精神発達論でいう口唇期は

 

…食べる、寝る、排泄の処理、着替えなど身の回りを整えることなど、

 

世話や庇護を24時間母に頼り切っています。

 

…この安心と安全の養育環境の中で育つことが大切です。

 

 

ところが母が居なくなる、働きに行くなどでこの養育環境が

 

損なわれると、子どもは一挙に不安と恐怖に晒されてしまいます。

 

…養育者(母)が36ヶ月しっかり育てたなら、

 

不安と恐怖を子どもの心の中に形成することは避けられます。

 

しかし、反対に36ヶ月より早い時期に、養育・世話が無くなると

 

不安と恐怖を作り、これが後の心配性になります。

 

 

…人が生きていることを実感するのは、痛みを通してです。

 

身体の痛みがある時、その場所、部位が感じられます。

 

…身体は知覚の苦痛を通して生きている実感を持つ構造があります。

 

すると、生きている実感のない人、薄い人は、自ら痛みを作り出します。

 

リストカットなどはその典型です。

 

…養育者(母)の養育・庇護のもとに母子関係が安定している場合は、

 

安心と安全を学びます。

 

お母さんはいつも自分の側にいてくれ、要求に応えてくれるという

 

安心と安全の予測性が後の信頼になっていきます。

 

…不安と恐怖の心作り後に心配性なり、自ら苦痛を求めて生きるか、

 

安心と安全の心を作り、自他共に信頼して安定した心で生きていくかが、

 

生後間もない36ヶ月までの間にほぼ決まってしまいます。

 

(メルマガより一部抜粋)

 

興味ある方は下記URLよりメルマガ登録して、お読みください。

 

https://www.mag2.com/m/0001106260.html#detailboxラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

            ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

 

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー

 

 

ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   

           連絡先  ℡090-7357-4540